知っているようで知らない?アパートとマンションの違い

by: admin

実はハッキリした区別はない

集合住宅タイプの賃貸物件は「アパート」や「マンション」と呼ばれますが、実はこれら2つの呼び方にはハッキリとした区別や規定が設けてあるわけではありません。大家さんや不動産屋が、これはアパートだと思えばアパート、そしてマンションだと思えばマンションと呼んでいるにすぎないものです。しかし多くの場合、木造や軽鉄骨造の物件を「アパート」、そして鉄筋コンクリート造(RC)の物件を「マンション」と呼ぶのが一般的だと言えるでしょう。

アパートの特徴とメリット

「アパート」の特徴としては、建物の構造が木造や軽鉄骨造である他にも、準耐火構造であることや、低い建物(2階建てなど)が多いといったことが挙げられます。アパートのメリットについては、第一に家賃が安いということが挙げられます。アパートは建築費用が比較的安く済むため、そのことが家賃にも反映されており、建築費用が比較的高いマンションと比べると安くなるのが一般的です。ただし、築年数が新しいアパートの場合は、築年数の古いマンションより高くなるというケースもあります。

マンションの特徴とメリット

次に「マンション」の特徴としては、建物の構造が鉄筋コンクリート造である他にも、耐火構造であることや、高い建物も多いことなどが挙げられます。マンションのメリットとしては、高級感があることや、頑丈で災害に強いこと、そして遮音性(防音性)が高いことなどがあります。特に遮音性に関しては、一般的なアパートと比べると効果が高いため、隣の音が気になる場合や、隣に音を漏らしたくない場合などは、アパートよりもマンションを選んだほうが良いと言えるでしょう。

江別市の賃貸ならおすすめです。ロフト付きやペット可など、さまざまな条件を明記している賃貸が多いので、理想的な生活を送れます。