雪国で賃貸ライフ!事前に知っておきたい知識とは?!

by: admin

雪国で賃貸物件を探して住みたいと思ったら

本物の雪を見たことがない、一度雪国で生活してみたい!そうした希望を持って北海道などの雪国で賃貸物件を探して生活してみようと思うならまずは雪国の特徴を覚えておくことが大切です。写真や映像で鑑賞する雪の景色は大変美しいですが、そこで住むとなると事前情報が不可欠です。雪国の特性を知らずに賃貸物件を借りて、雪が降らない地域と同じような家の使い方をしていると大変な損害を与えてしまう恐れがあります。そうなっては敷金が返却されないというケースにも陥りかねません。雪国で失敗しない賃貸ライフを送るためにもまずは基本を抑えることが大切です。

雪は見た目より重い!屋根の雪には要注意!

水分量にもよりますが1立方メートルの雪は1トンに近い重さがあります。そのためフラットな屋根の雪降ろしを放置しておくと屋根全体の圧力が高まり放置しておくと1シーズンで家が潰れるところもあります。実際に北海道では人が住んでいない古い木造家屋の屋根が潰れている家を目にします。潰れるまでは行かないとしても雪降ろしという作業を怠ることで屋根に対する圧力で一部が破損してそこから水分が屋根裏に侵入し雨漏り状態に陥ることもあります。こうした状態を放置するなら場合によっては漏電の危険もありますし、柱などの木材の劣化につながります。そこからカビが発生したりシロアリの被害にあうことも考えられます。そうしたメンテナンスを怠るなら瑕疵が発生してしまい、場合によっては敷金だけでは足りなくなることも考えられるので、しっかりとした管理が大切です。加えて屋根での作業は危険が伴うため落下防止などの安全対策をしっかりとって作業することが求められます。

マンスリーマンションの賃貸で雪国生活を体験しよう!

車を所有しているなら覚えておく事があります。前日晴れていても大雪が降ると一晩で朝の景色が一変します。ひどい時には地面と車が同化するのではと思うほど雪が降り積もることもあり、車を駐車場から出すだけでも一苦労します。さらに朝の気温はところによってはマイナス20度以下になる地域もあるため、車の窓ガラスが凍ります。朝は早めに天気の確認をして車を使用するなら予定時刻に車を出せるように早め早めの行動が大切となります。北海道などの雪降る地域で住むというのは、雪を経験したことのない方にとっては大変です。その為、北海道などで賃貸物件を探しているなら、まずは雪が実際に降っている1月や2月の時期にマンスリーマンションなどを借りて一時使用目的の賃貸借契約を結んで体験してみることをお勧めします。どんな感じで雪が積もってゆくのか?車を所有している地元の人たちはどのように対処しているのかを実際に見る事は大変勉強になります。少しの期間でも雪が降る時期の生活を体験する事で雪のない時期に引越して、12月に慌てるということを防ぐ事が可能です。失敗しない雪国での賃貸ライフを送る為にもまずは一度冬の生活体験をお勧めします。

帯広市はインフラ整備も進んでおり、商業施設も多数あるので、帯広市の賃貸は物件は暮らしやすい物件がたくさんあります。